Upgrade to Chess.com Premium!

レヴェンフィッシュ・ヴァリエーション

Team International vs We Chat Global というチーム対抗戦に参加していた。
相手はドイツの人で恐らく自分より実力は相当上であろうというのは以前書いたとおり。

自分が白でシシリアン:ドラゴンになったので【シシリアン:ドラゴン:レヴェンフィッシュ・ヴァリエーション】に初挑戦。
オンラインでは1手3日の時間があるからトラップ的な手は成立しづらく、堅実な手を選ぶことが多い。
「どーせ勝てるわけない」と思っていたので大胆な選択である。
チェスの定跡の名前って、セイントセイヤとかジョジョの冒険の必殺技みたいな名前な雰囲気だなぁ。

で、試合はと言うと黒の5手目でドラゴン・バリエーション、次に6手目でf4を指してレヴェンフィッシュ・ヴァリエーションと定跡どおり進む。
その後激しく駒を捕りあう展開に。
雰囲気的にはキングズ・ギャンビットに似てるかも。
竜退治の手段として覚えておくと面白い定跡だ。
結果は自分が17手指したところで相手が時間切れ。
まさかの勝利ではあるが、この後どうなるか指してみたかった。 



Post your reply: