Upgrade to Chess.com Premium!

対局の振り返り05172015

  1. 9.f5 は確信のないまま前例に従って仕掛けてしまったが、やはり 1 Pawn down がある変化なので、e5 だったようだ。
  2. 15.Na4は良い手だったが、次の 16.Nc5から17.Ne6が急ぎすぎ。かわりに 16.c3と落ち着いているのがよかった。また、16...b6 に対しても、17.Na4と戻っておく方がよかった。本譜は、Rook がいっとき敵陣に入れたものの、すぐに追い返されて主導権を黒に渡してしまった。
  3. Rook の退却は結果的に Ree1 が良かった。このへんは読み切れないし難しいところ。
  4. 19.Bxe4 は inaccurate。黒のナイトが渋滞しているので、この場合は 20.Qc1の方が良かった。
  5. 27.Nd2 は Blunder。黒は早指しで引分け濃厚とみて Rook の総交換にあっさり進めたが、腰を落とされて、27...R-f7! を発見されたら白の負けであった。ここは 27.c4! があった。Pawn をぶつけるチャンスを逃さないようにしたい。
  6. 2100越えの相手に引き分けが取れた結果には満足。ただ、終盤に Blunder があったのが反省点。読みが安易な交換に走ってしまい、Mate Threat を読み切れていなかった。相手の早指しと、引き分けにしたくて駒を減らしたい心理がそのような読みの不足を招いたものと思う。