How a Retired Player Prepared for His Tournament (In JAPANESE)

How a Retired Player Prepared for His Tournament (In JAPANESE)

Shin_Uesugi
  • 6,687 Reads
  • 14 Comments

こんにちは。FM上杉晋作(晋)です。

大学に入った後、Competitiveなチェストーナメントから引退しましたがまとまった休みに日本に帰国した際、お遊び程度にチェストーナメントに出場しています。今までアメリカでやっていた頃はトーナメント前のプリパレーション(準備)なんてしたことがありませんでしたが、この夏から積極的に準備して大会に臨むようにしてきました。結果、夏に新潟国際親善チェス大会とサマーオープン優勝、冬にはクリスマスオープンと新年チェス大会を優勝することができました。ここで引退してかなりのブランクがある元トーナメントプレーヤーが、どうやって夏から参加した4大会全てを優勝することができたのか、そのプリパレーション方法を公開しようと思います。

ここで一つ注意点ですが、僕が優勝したトーナメントらは(出場者に失礼かもしれませんが)、日本最高峰のレベルのトーナメントではありません。日本のトッププレーヤーであり今の自分より強いであろう小島慎也さんはハンガリーで修業中、 南條遼介さんは都合がつかなくてこれらの大会に参加できていません。なのでこのプリパレーション方法は出場者の最高レートが 2000~2100クラスの大会なら通用するかもしれませんが全日本選手権レベルで優勝するとなるとちょっと難しいかもしれません。

前置きが長くなってしまいましたが、本題に入りますね。

プリパレーションをする際に一番多く利用したのはビデオレッスンです。Chess.comではダイヤモンドメンバー(1239円/月、8760円/年、タイトル持ちプレーヤーは無料特典としてついてきます)になると無制限にビデオレッスンが見れるようになります。ビデオレッスンは全て英語ですが、理解できるならこれを強くお勧めします(お金を払ってでも)。中でもお勧めなのは:

GM Roman Dzindzichashviliのオープニングシリーズ(個人的なヒットはNimzo Indian Defenseのシリーズ & Scotch Gambitのシリーズ)と

GM Melik KhachiyanのAccelerated Dragonシリーズ

のビデオレッスンです。特にGM Dzindzichashviliは個人でDVDも出しておりhttp://www.ukgamesshop.com/Merchant2/merchant.mvc?Screen=CTGY&Category_Code=chdvromでチェックすることができます。Chess.comのビデオレッスンはDVDの簡易バージョンといったところなので、懐に余裕がある人は自分が興味をしめしたオープニングのDVDを買うことを勧めます。彼が勧めるオープニングは習得しやすく時間がないプレーヤーでも数日でマスターすることができるので、トーナメント前に早急にレパートリーを増やしたい人には特におすすめです。僕はアメリカ時代に出場したトーナメントの試合が数多く出回っているので、今まで使ったオープニングを再利用するよりも新しいオープニングレパートリーを作り使用することにしました。ビデオレッスンを利用するにあたっての注意点は、GMは全てのバリエーションを網羅するわけではないので、カバーしていない部分はどうするか自分で考えましょう。この時なぜこの手をしなかったのか、なぜこの手の後のバリエーションをカバーしなかったんだ、という時には比較的簡単なタクティクスなどが隠されていることがあります。このようなことを考えるだけでもチェスの実力は向上すると思います。どうしても分からなかったらコンピューターに聞くか(最初からコンピューターに聞くのは自分で考える力を培えないのでやめましょう)、chess.comのgame explorerやchessbaseのデータベースで調べましょう。

実戦にはChess.comとChesscubeを利用しました。タイムコントロールは主に持ち時間一分の試合を何回もこなしました。僕が出場したトーナメントは持ち時間が少なく切れ負けの時もあったので、時間を使いすぎて負けるなんてことがないようにこの持ち時間でトレーニングをしました。一分チェスは賛美両論あると思いますが、ある程度レーティングが上がってくると時間落ちだけでは勝てずにチェスで勝つ必要が出てきます。そうなると一分という短い時間でいくつものプランを出し、最善のプランを選択しなければいけません。タクティクスなどは数秒以内で正確に読み切れなければいけません。更に一試合の時間が短いので一日何試合もでき、オープニングを試す練習にもなります。日本のトーナメントに出て日本のプレーヤーは特にタイムプレッシャーに弱いと感じたので、いざとなれば時間を切らせて勝つ、引き分けに持ち込む、という戦法も使うことができました。時間の配分やいざとなった時に早指しで相手を圧倒することができるのも実力の一つ(逆にタイムプレッシャーでミスをするのは致命的な弱点にもなりうる)なので、実戦練習ではブリッツやブレットを取り入れることもお勧めします。

個々に対するプリパレーションとしては強敵となりそうな人物、主にレーティング2000超えの人物の試合をデータベースに入れそれぞれ個別にオープニングを用意しました。試合の集め方はchessgames.comを使ったりchess.comでやった試合のPGNをダウンロードしたり、JCAのサイトで公開されている全日本選手権の棋譜集などを使いました。

最後に、チェスを本当に強くなりたい、レーティングを上げたい人たちへ、

少なくともレーティング2200くらいまでは、チェスの実力は時間とお金を使うことで上げることができます。自分は大学に入ってチェスと無縁の生活をおくってきて、実力的には相当弱くなっていたにも関わらず日本のトーナメントでは優勝することができました。それでもトーナメント前は、絶対に優勝したくて一試合負けることですら嫌だったので毎日数時間プリパレーションしたからだと思います。個人的にはチェスは好きくないですが、絶対に勝ちたい気持ちがあったからこそここまで時間を使ってプリパレーションできたんだと思います。また今度、日本に帰国した際にはトーナメントに出るかもしれないので、その時はまたよろしくお願いします。

この2試合は新年チェス大会でオープニングプリパレーションのおかげで勝てた試合なので公開します。

Online Now