naruzoの「実戦における【チェックメイトの技法】」

naruzo
naruzo
Sep 30, 2014, 7:10 PM |
0

おっす!!

相変わらずR1300台でくすぶっているnaruzoだよ!

 

今回は、メイトのお話。

「チェックメイトの技法(The Art of The Checkmate/G.Renaud-V.Kahn)」

という水野さんが訳した本があるんだけど

その中で紹介されている

「ボーデンのメイト(Boden's Mate)」。

naruzoの実戦で現れたボーデンのメイトっぽい棋譜を紹介するよ。

 

 

実戦でこうまで綺麗に決まる事はめったにありません。

つづいては

「ダミアノのメイト(Damiano's Mate)」

こちらの棋譜は、実はメイトを逃しています。

勝負は勝ちましたが、ここで決めていればカッコよかった!

※棋譜内に「ポイント」と書いてある所からダミアノのメイトがあります。

今回紹介した二つのメイトは、「チェックメイトの技法」の他

「どうしたらチェスで君のパパに勝てるか/浜田寛(How to Beat Your Dad

at Chess/Murray Chandler)」

にも載っている形。

 

naruzoは、ここ最近メイト形を軽視していました。

というのも、実際はメイトよりも、駒得やプロモーションなど

他の要因で勝負が決まる事が多いからです。

 

なので、本譜でも黒のナイト、ビショップ、クイーンという

凝り形を、解消しよう、そうすればクイーンを相殺して勝ちやすい。

。。。と判断してしまったのです。

いまさらnaruzoが言う事でもないけど

メイトの形、筋、パターンは、しっかり覚えましょう。

 

ちゃんちゃん♪