x
Chess - Play & Learn

Chess.com

FREE - In Google Play

FREE - in Win Phone Store

VIEW

naruzoの「ドロー論-1」

naruzo
Mar 20, 2015, 9:42 PM 0

質問

:状況:

あなたは、R1800のプレイヤーです。

あなたは、ある大会に出ていて、まさに今、最終ラウンド(全5ラウンド)の

終盤を4勝で迎えています。

相手は、小学三年生の少年。

どうやらここまで彼は2勝2敗、聞くところによると

チェスを初めて一年目、レーティング0の初OTBで、今大会ではR1600台にも勝ったようですが

その反面、R1100台にコロッと負けている模様。

あなたは、このゲームに勝てば優勝です(負ければ優勝はありません)。

:局面:

局面は、逆色ビショップでポーンの数は一緒。

あなたは、白番です。

厳密に言えばドローの局面です。

:あなたならどうする?:

この場合、あなたは、少年にドローの提案をしますか?

それとも、指し続けますか?

少年からはドローの提案しません。

というより、ドローの提案というのが分かっていないようです。

かつ、少年は終盤の知識に乏しい様子。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ほとんどのプレイヤーは、指し続けるのではないか?

なにしろ相手は子供で、素人です。

このまま指し続ければ、おそらく相手はミスするかもしれません。

そうすればあなたは優勝です。

負ければ優勝はありません。

ドローにする技術が無い少年が弱いのであって

気兼ねする必要はない。

あなたはR1800なので、この局面はドローだと

分かっていても指し続けるでしょう。

相手は子供だから、確実にミスをするだろうから。

どうせオポジションなんて知らないだろうから。

あなたならどうする?

Online Now