naruzoのチェス本レビュー!定跡編「play the Caro-Kann」-Jovanka Houska著

naruzo
naruzo
Jan 30, 2014, 11:48 PM |
0

Caro-Kannは、対「e4」における黒番の戦法。

naruzoは、元々振り飛車党なので、やはり「捌いて、カウンター」というスタイルが感覚として見に付いています。

では、レビューのスタート。

------------------------------------------------------------------------------

Play the Caro-kann (Everyman Chess)

目次

1. Main Line: Introduction and 11.Bf4

2. Main Line: 11.Bd2

3. Main Line: 6.Bc4 and Early Deviations

4. Panov-Botvinnik Attack: Introduction and 6.Nf3

5. Panov-Botvinnik Attack: 6.Bg5

6. Exchange Variation

7. Advance Variation with 3...c5: Introduction

8. Advance Variation: 3...c5 4.dxc5

9. Fantasy Variation

10. Panov's Little Brother: 2.c4

11. Two Knights Variation

12. King's Indian Attack

13. Unusual Line and the Plain Bizarre

(便宜上、ここでは白黒逆掲載)

-----------------------------------------------------------------------------------

1.2) Main Line: Introduction and 11.Bf4/Main Line: 11.Bd2

基本図から
1) 11.Bf4  2) 11.Bd2
について解説。途中変化の分岐も掲載。
参考棋譜ゲーム数:0(ただし、所々で参考ゲームを掲載。以下同じ)
-----------------------------------------------------------------------------------
3) Main Line: 6.Bc4 and Early Deviations
基本図から
4.f3
について解説。途中変化の分岐も掲載。
-----------------------------------------------------------------------------------
4.5) Panov-Botvinnik Attack: Introduction and 6.Nf3/Panov-Botvinnik Attack: 6.Bg5

 基本図から

1) 6.Nf3  2) 6.Bg5

について解説。途中変化の分岐も掲載。

参考棋譜ゲーム数:0

-----------------------------------------------------------------------------------

6)  Exchange Variation

基本図から説明。

途中変化の分岐も掲載。

参考棋譜ゲーム数:0

-----------------------------------------------------------------------------------

7.8) Advance Variation with 3...c5: Introduction/Advance Variation: 3...c5 4.dxc5

基本図から

7)では、A) 4.c3(4.c4) B) 4.Nf3)を

8)では、4.dxc5

について解説。途中変化の分岐も掲載。

参考棋譜ゲーム数:0

※この形では、黒番3...Bf5が主流。この本ではなぜか3...Bf5は未掲載。

「Starting out: the caro-kann」に少しだけ載っています。

3...Bf5が本筋の本を知っている方は、是非、ご一報をお願いします。

-----------------------------------------------------------------------------------

9)  Fantasy Variation

基本図から

3.f3

について解説。途中変化の分岐も掲載。

参考棋譜ゲーム数:0

-----------------------------------------------------------------------------------

10) Panov's Little Brother: 2.c4

基本図から

A) 5.Bb5+ B) Qa4+ C) Nc3

について解説。途中変化の分岐も掲載。

参考棋譜ゲーム数:0

-----------------------------------------------------------------------------------

11)  Two Knights Variation

基本図から(4.h3 Bxf3 5.Qxf3 Nf6)として

A) 6.e5 B) 6.d4 C) 6.exd5 D) 6.g3 E) 6.d3

について解説。途中変化の分岐も掲載。

参考棋譜ゲーム数:0

-----------------------------------------------------------------------------------

12)  King's Indian Attack

基本図から

A) 5.Be2 B) 5.d4 C) 5.Qe2 D) 5.g3

について解説。途中変化の分岐も掲載。

参考棋譜ゲーム数:0

-----------------------------------------------------------------------------------

13) Unusual Line and the Plain Bizarre

基本図から

A) 2.Nc3 d5 3.Qf3 B) 2.Nf3 d5 3.exd5 cxd5 4.Ne5 C) 2.b3 D) 2.Ne2 E) 2.f4

について解説。途中変化の分岐も掲載。

参考棋譜ゲーム数:0

-----------------------------------------------------------------------------------

やはり「play the~」シリーズは読みやすい。

この本に関して言えば、情報量が結構多いのですが、カロカンを主力にするなら必ず見た方がいいと思います。

カロカンと言えば、最近、小島氏のブログにも載っていますが、naruzoはこの本一冊で小島氏の解説を理解できています。

この本がベースになっていると言っても過言ではありません。

と言っても、この本はそんなに難易度が高いわけではありません。

やはり定跡を知りたい方には、「play the~」シリーズをお薦めします。

※どういった内容なのかを、できるだけ詳しくお伝えしたい為に、やはりブログが長めになっちゃいます。。。

定跡編はしょうがないね。。。

ちゃんちゃん♪