x
Chess - Play & Learn

Chess.com

FREE - In Google Play

FREE - in Win Phone Store

VIEW

naruzo's Challenge 「函館決戦2015 ①」

naruzo
Jan 3, 2016, 4:39 AM 0

(※今回は、カメラを忘れてしまった為、写真は無し。。。)

無事二年連続で、函館チェス大会に出場できました。

まぁ、誰でも参加できるのですが、札幌オータムチェス大会から

帰青後、仕事が立て込んでしまい、正直なところ

「出場出来るかな~??」

という位、微妙でした。

とにかく不安材料が、事前にほとんどチェスのトレーニングが

出来なかった事です。

その為、完全勝利を目指す方針から、自分よりRが低い人には

負けないようにしようと挑んだ大会でした。

-----------------------------------------------------------------------------------

参加人数は20人。

初戦はスイス式の為、Rの上位と下位が当たります。

naruzoの初戦は、JCA:R874のN君。

驚くべき事に、今大会naruzoは、JCA:Rの序列第3位。

山田弘平、真明(しんめい)ブラザーズにつづく三番手だった。

勝ち続けさえすれば、日本チェス界トッププレイヤーの

山田弘平さんとも戦える!

またとない大チャンスである。

その為の第一歩。

絶対に負けられない。

-----------------------------------------------------------------------------------

 

序盤から白番のビショップを追うnaruzo。

hファイルをダブルポーンにして、主導権を握りに行きました。

とにかく定跡に疎いnaruzo。。。ポジションで優位に立とうとしました。

 

naruzoの攻めも相当単調だが、白の15手目、気持ちはわかるが

h4はいただけない。

簡単にポーンを失っては面白くないよね。

naruzoもそうだったと思うのですが、初心者はとにかく

ポーンやピースを簡単に失ってしまいます。

そのほとんどは、実はウッカリだったりするワケです。

ポーンとピースの数を、とにかく相手と同数にする。

それだけを心掛けるだけでR+100は固いでしょう。

 

naruzoの指し手も相当妖しいが、

とにかくフォークが決まった。


とりあえず勝つには勝ったが、かなりパフォーマンスとしては低い。

とはいえ、この時はこの程度のパフォーマンスが精一杯でありました。

子供たちの想像力は豊かなので

実際のRはアテにならない。

実戦になるとR+100~200それ以上は普通に上がっているような気がします。

それほど子供たちの潜在能力は凄いです。

これだから子供たちと勝負するのは面白い。

naruzo、4大会目で初の白星スタート!

次は、おそらく勝った者同士の対決になるので

次戦がポイントになります。

なんとか2連勝と行きたいところです。。。

Online Now