x
Chess - Play & Learn

Chess.com

FREE - In Google Play

FREE - in Win Phone Store

VIEW

naruzo's Challenge 「函館決戦2015 ④」

naruzo
Jan 4, 2016, 6:17 PM 0

山田弘平。

2008年 全日本学生選手権 優勝

2009年 全日本学生選手権 優勝

2010年 全日本快速選手権 優勝

2011年 全日本百傑戦 優勝

2014年 全日本快速選手権 優勝

2015年 全日本選手権 5位

2015年 ジャパンオープン 4位

現在、エーアイネット・テクノロジー社とスポンサー契約をしている

名実ともに日本のチェス・トッププレイヤーの一人であることに

間違いは無い。

チェス界に疎いnaruzoでも知っている位です。

2015年12月27日

青森チェス界(おそらく)史上初、日本チェストッププレイヤーとの

ガチンコ勝負実現である。

----------------------------------------------------------------------------------

naruzo十八番(。。。というか、これしか出来ない)のカロカン!

naruzoの最終手、5...h6は、普通であれば5...Nf6であるが

ちょっとした駆け引きがありました。

ここで、5...Nf6と指した場合、6.Bg5と指されるのがイヤでした。

つまり、6.Bg5と指されると、6...e6と指さなければ7.Bxf6とされ、

naruzo側のfファイルがダブルポーンとなってしまいます。

山田弘平さん相手に、序盤でダブルポーンにされては勝負にならない。

これが、naruzoの考えていた事です。

以上がnaruzoの読んでいた変化。

6...e6とすれば、特に問題はないのですが、naruzoとしては

黒番白マスビショップは、naruzoキングサイドで使いたかったのです。

なぜか?というのは、なんとなくです。はい。

よって、白番のg1にいるナイトを先に動かせる必要があったため

5...h6と一手様子を見たのでした。

ゲーム後の検討では、5...Nf6としても6.Bg5とはしないだろう。。。

と、弘平さんは言っていたが、実戦感覚として、「相手は、6.Bg5と指さない

だろうから、5...Nf6と指しても大丈夫」などという手はnaruzoは指せない。

ここまではなんとか形になっています。

しかし、まぁ。。。

弘平さん相手だと、この局面ですでに黒が悪い気がしてきます。

この局面は、何ゲームと指しているのですが。。。

白番最終手の12.Nf1。

こういう手は強い人の手だ。

niseko氏あたりだと、もっとアグレッシブに指すかもしれませんが、

やっぱ、niseko氏でもNf1と指すかな~。。。

とにかく指し手に余裕があります。

naruzoの手堅さとは質が違うのです。

とまぁ。ここまでは良かったのですが、naruzoの次の一手で

ゲームは終わる。。。

完全な見落としだ。。。

こんなはずじゃなかった。。。

ここでは、12...e5と勝負するはずだった。。。

なぜか力を溜めようと12...Qc7と指してしまった。。。

後は、弘平さんの攻めを受ける一方になってしまった。。。

なんてことだ。。。。

なんとか受けようとしますが、受けになっているかもどうか分りません。

ちなみに、13.Bxh6に対しての13...Qe7にnaruzoは10分考えています。

考えているというより、負けを受け入れる時間でした。

弘平さん相手に、この局面では万に一つでも勝ちはおろか、ドローすら

ない。。。と思いました。

正直な事を言うと、札幌の杉本さんとのゲームくらい良いゲームが

したかったのですが。。。残念です。

途中、延命は出来たと思いますが、完全に心折れていました。。。

ほぼ一直線の負けルートを選びます。

持ち時間は秒読みになっていました。。。

途中、何度かリザインしようと思ったのですが、昨日第1.2ゲームで

対戦したN君、K君が、naruzo相手に最後メイトされるまで指していたのを

思い出して、ここは最後まで指すべきだろう。。。と思い、指し続けました。

負けると分っていても指し続けるには勇気がいる。

大人はズルいから、キリのいいところでリザインしますが、

最後まで指し続けるには勇気がいる。

どう指していいか分らない時、チェックされてキングの逃げ道は3か所、

しかし指せるのは一手だけ、どこに逃げたらいい?と考え、決断して

指すには勇気がいる。

どうせ負けだから、どれをさしても同じ、という考えは函館の子たち

にはない。常に全力で決断していた。

勇気をもって一歩踏み出していた。

naruzoもここは最後まで指して正解だっただろう。

勝負にならなったのは、正直残念無念ではありますが、

12手目、Qc7ではなく、e5と勝負に行けなかったのを教訓として

また、チェスで一番必要なのは、実は勇気なのだということを

再認識させられました。

負けて悔いは残るけど。。。しょうがない!

naruzo2勝2敗。

最後のラウンドで勝ち越しを目指す!









Online Now