x
Chess - Play & Learn

Chess.com

FREE - In Google Play

FREE - in Win Phone Store

VIEW

naruzo`s Challenge 「仙台決戦! 対ホワイトナイツ編⑥」

naruzo
Oct 18, 2015, 10:33 AM 0

最終戦を迎えるにあたって、かなりヘトヘトだったのには

ワケがある。

今大会は、全4ゲームなのですが、実は

最終戦の前に、もう一つゲームをしていたのでした。

第3ラウンドのSさんとのゲームが、早く終わったため

naruzoの方から、「もう1ゲームしますか?」

と、提案しSさんともう1ゲームやったのでした。

naruzoの勝負哲学としては、こういう勝負こそ負けられない。

言い方は悪いが、こういう勝負で

きっちり、”往復ビンタを喰らわせる”ことが出来るかどうか

が、強者への道なのである。

。。。とはいえ、相手はたった今、短手数で負け、

かなり警戒してくるし、今度は負けられないと気合い十分だ。

naruzoとしては、そこに相手のスキがあるとし、チャンスをうかがう。

Sさんとの2ラウンド目が始まった。

手番は、第3ラウンドと同じ、naruzoの白。

naruzo初手、1.d4に対し、Sさん1...f5!

意地の再ダッチだ。

 

ここまでは前ゲームと一緒。

こっちも意地があるので、こちらから手を変えることはしない。

 

ペースは黒が握っていそうだが、序盤下手は

いつものnaruzoです。

指了図10.c5は、妖しさ満点。

naruzoの魔剣である。

 

手損でフォークを喰らう。

naruzoのミス。

駒を捌かせてはいけないな~。。と思いつつもやってしまった。

 

うまいこと駒がさばけた。

ここからnaruzoは、Sさんを魔界にひきずりこむ。。。

 

だんだん”筋”に入ってきた。

Sさんとしても、不思議と悪くなってしまったと思ったのでは

ないでしょうか。。。

これがnaruzoの魔界ツアーである。

 

最後はドロー。

黒にとっては、負けよりキツいドロー。

しかし、これは、naruzoがRxh5とナイトを取っても

黒はリザインしないと思い、いい加減疲れてしまっていたのでした。

ゲーム後、Sさんに「よくダッチするの?」と聞いたら

最近は、1,d4には1...d5としている模様。

なぜダッチだったのか?

それは、naruzoが対策を知らないと思っていたかららしい。

これで、第一ラウンドの4...g4からhファイルを詰めてきた理由もわかった。

普段からこういった ”駆け引き”をしているのだろうか?

naruzoとしては、1.d4 d5と、がっぷり四つで

負かされた方が、かなりキツイ。。。

自分の知識が通用しなかったと力負けを痛感するからだ。

ひょっとしたら、Sさんも1...d5といつも通り指したら

勝負はどうなったかわからない。。。

ま。R1300台だから、ナメられてもしょうがないけど。。。

みんなに言っておく。

naruzoの様な、R1300台に当たったら

運が悪かったと思え。


Online Now