x
Chess - Play & Learn

Chess.com

FREE - In Google Play

FREE - in Win Phone Store

VIEW

naruzoの独り言vol.5「naruzo、クラシックギターを始める」

naruzo
Feb 24, 2014, 8:00 PM 1

2月中旬。

例年よりは積雪も少ないながら、外に出るのは億劫な季節。

朝9:00。

いつものようにまずはコーヒーを一杯。

自営業者の特権よろしく、ソファーに寝転び、右足を背もたれに大きくかける。

しばらくすると聞き覚えのある声が

「おーい。naruzoいるー?」

幼稚園時代からの友人、Aが唐突に営業所のドアを開け入ってきた。

地元漁師のAは、海が荒れている事をいいことに、要は暇つぶしに来たのである。

しばし、他愛もない会話が続く中、Aは突然

「naruzoもクラシックギターをやってみない?」

と、

「おい。A。人間と着物には柄ってもんがあるぜ」

とばかりに反論もしたくなるが、Aが突然営業所に現れる事も、多趣味な彼がギターを勧めてくるのも、別に珍しい事ではない。

もちろん、私はそんなことにいちいち反応はしないものの、彼が言った言葉がどうも引っかかる。

「人生。せめて3曲くらいはギターが引けてもいいんじゃない?」

元々器用貧乏な私だが、齢40を過ぎて今更ギターというのも、ちょっと気が引ける、しかし、どうせギターはタダでAがくれるって言うし、自営業者の特権よろしく、真っ昼間からギターを引いたところで誰に文句を言われるコトもない。

というわけで、naruzo。

クラシックギターを始める。

とりあえず、バイエルみたいな練習曲があれば手っ取り早いのだが、Aに聞くと、とりあえずこれを練習しろと

”Allegretto”

なる練習曲の楽譜をもらった。

楽譜といっても、1枚のA4コピー用紙で、事足りる長さの楽譜だ。

とりあえず、これを練習しながら、”人生これ二曲” を探す旅に出ることとしよう。

すでに一曲は決まっている。

 

我ながら、いい選曲だ。

ちゃんちゃん♪

Online Now