naruzoの独り言vol.6 「芸術とは主観的なものであり」

naruzo
naruzo
Mar 11, 2014, 3:40 AM |
0

やいこら!

なんで今年の日本アカデミー賞に

「遺体 明日への十日間」が何の賞にもノミネートされていないんだよ!

・・・と、言いたいところですが、いろいろとしがらみがあるんでしょうな~。

naruzoは、小説を読まない。

理由は、簡単に言うと「人の作り話に、何日間も拘束されたくない」というのがあります。

ノンフィクション物は結構読んだりするのですが、村上春樹なんて一回も読んだ事ないし、赤川次郎も読んだことない。

これからも読まないと思う。

とにかくアイディアを出したモン勝ち、みたいなのが気に入らない。

だったら、ちゃっちゃと2~3時間で映画を見る。

せいぜい頑張って「ウォーキングデッド」等のドラマである。

でも「ウォーキングデッド」が小説だったら読まない。

naruzoは、映像向きなんだろね。

「小説を読むと想像力が掻き立てられる・・・」などと言う人間を見ると

「お前の想像力なんてたかが知れてるだろ」と言いたくなるし、

「やっぱり原作の方がいいね~」なんて言おうものなら

「はいはい。そうですか」と言いたくなる。

出来れば、小説を映画化するのであれば、完全版にしなければいけないし、それが出来ないなら小説を映画化するべきじゃないよね。

そういう意味では、どうやら「麒麟の翼」はかなり忠実らしい。

ま。とにかく「遺体 明日への十日間」は、是非一度みるべし。

 

------------------------------------------------------------------------------

 

とにかく、柳葉敏郎の「なまり」にグッとくる。

ちゃんちゃん♪