第50回全日本選手権全国大会 地区予選 part2

skramchi
skramchi
2017/07/16 3:58 |
0
  こんにちは、skramchiです。
 続いて大阪府選手権について書いていこうと思います。
 
大阪府選手権
 4月2日に大阪アンパッサンチェスクラブさんの主催で行われました。
  第1ラウンドは午前11時から、会場は午前10時に開くとのことで、
 
null
 
 ちゃんと学習してましたw
 数名巻き込んで2時間ほどチェストークしたりしたのち、無事に会場入りしました。
 結果は以下の通りでした。
 

 持ち時間:30分+一手30秒(ディレイモード)

 第1ラウンド 黒 French Defence 負け

 第2ラウンド 白 Budapest Defense 勝ち

 第3ラウンド 白 French Defence 負け

 第4ラウンド 黒 French Defence 勝ち

 

 2勝2敗 2.0/4.0p

 

 なんだか物凄く見覚えのある結果ですねw またしても2ポイント。そしてフレンチ採用して3分の2負けてるという。順位は忘れてしまいました。

 正直4ラウンドまで終わって今年はだめだったかと思っていたのですが、既に出場権を得ている人と、全日本には出場しないという方が大半で、どんどん繰り下がって来て自分のところまで回ってきました。まさに運が良かったとしか言い様が無かったですね。

 

 帰りは浮かれて家族にお土産を買おうとルクア大阪に迷い込んで、あまりにリア充力の高い空気を吸って窒息死しかけました。(なんか服とか小物とか売ってた)

 

 今回は第1ラウンドについて見ていきたいと思います。予選8戦中、唯一タイムコントロールに失敗して時間切迫からのブランダーで負けてしまいました。

16.Bxc4?! Rfd8?
 私はc4ポーンの防御は16...dxc4 17.Qxd7 Rfd8 のクイーントラップで成し得ていると思っていたのですが、ポーンを取られてから17.Bxe7が先に入ることに気づきました。
 しばらく時間を使ってから止む無く1ポーンを諦めて16...Rfd8? としたのですが、後に感想戦で対戦相手の方から16...dxc4 17.Bxe7 Nxe7 18.Qxd7 Nd5 で黒は十分ではないかとご指摘を受けました。
 18.Qxd7でナイトに攻撃が当たってしまうからこの変化は悪いと考えて、そこで思考を止めてしまいました。後一手先まで読んでいれば十分に満足できる局面にできたので非常に残念です。
 この一連の流れについてはただただ甘かったなと思います。
 
42.fxe6 Rc2??
 難しい局面を大きなミスなく進めてこれましたが、お互いに攻撃的な異色ビショップが残り、とても難しい局面でした。この時私の持ち時間は10秒足らずで、42...fxe6 43.Rxe6後の変化を読めずに負けてしまいました。
 しかし実は43...Rc1+! という素晴らしい手があり、44.Bxc1 Qxe6 で白の強力なメイトの狙いを緩和できたようです。このあと45.Qxf4では、45...Qe1+からパーペチュアル・チェックがあります。
 
 
 今回の予選2大会では一戦一戦で自分の足りないところを見つけ出せたように思います。それを踏まえて今後もっと上のステージに上がっていきたいと思いました。