新年チェス大会2019(2)

support_scalar
support_scalar
|
1

2Rのゲームより。私が白番です。

1. c4

最近は1. c4を中心にしています。

1... c6 2. d4 d5

Slav Defenseです。

3. Nf3 Nf6 4. Nc3 e6

4... dxc4ならSemi-Slavではなく、Slavになります。その場合は5. a4がメインラインです。本譜はSemi-Slavになります。

5. Bg5

定跡としては、ここで大きく分かれます。本譜のように5. Bg5(Botvinnik Variation)か、あるいは5. e3という手があります。どちらもメインラインは定跡として非常に深く研究されていますが、メインラインを外れた場合には創造力が重要になってくる戦型です。

5... dxc4

ここで5... h6も可能です。本譜よりは幾分穏やかな展開になりますが、6. Bh4!? (Anti-Moskow Gambit)への対策も必要です。

6. e4

dポーンがなくなったためセンターのスペースを取ります。次にe5突きを狙いにしています。

6... b5

c4のポーンを捨ててしまうと、黒の主張がなくなります。この手は必然です。

7. e5

黒がe5を受けなかったため当然の手です。

7... h6 8. Bh4 g5 9. Nxg5

一応古い定跡で9. exf6 gxh4 10. Ne5という手もありますが、今はあまり指されません。

9... hxg5 10. Bxg5 Nbd7 11. exf6

11. g3 Rg8というラインもあります。

11... Bb7

11... Qa5と変化することもできます。

12. g3 c5 13. d5 Qb6

ここが黒からの分岐点で、13... Nxf6や13... Bh6という手もあります。

14. Bg2 O-O-O 15. O-O b4

このあたりまででひと段落といったところです。

16. Na4

ここで16. Rb1という手もあります。

16... Qb5 17. a3

ここまでお互いに定跡どおり指してきましたが、次の手で未知の領域に突入します。

17... a5

このあたりから時間を使って読みました。白はdxe6-e7という手を狙っていきたいですが、その際に黒キングに対して手を作れるようにしておきたいところです。

18. axb4

aファイルを開けておくことで、aファイルから手を作れるようにしておきます。

18... cxb4 19. dxe6!

Botvinnik Variationではしばしば出てくる手で、このあとe7と突いてプロテクテッドパスポーンを作ることを狙います。

19... Bxg2

19... Qxg5?は20. exd7+!が強力です。また、19... fxe6?はキングサイドのパスポーンが強力すぎて黒は相当勝ちづらい形です。

20. e7

20. Kxg2は20... Qc6+が少し嫌だったため、こちらにします。とはいえルークを捨てるので正確に読まないといけないところではあります。

20... Bxf1 21. Qxf1

これでc4ポーンがピンされるため、弱点を解消しづらくなります。20... exd8=Q+!?は味消しで、面白くありません。せっかくの7段目のパスポーンをルークと交換するよりは、キングに圧力をかけるために使いたいところです。

21... Re8

黒は21... Bxe7としてパスポーンを交換してしまったほうが良かったようです。

白はルークダウンしており、局面が落ち着けばg5のビショップも狙われる形です。また、黒のNe5-Nd3、あるいはNf3を許すとかなり厳しいため、足を止めてはいけない場面です。

次の手は今のところThe move of my lifeと言ってもよい手かと思っています。

22. Rc1!

g5のビショップだけではなく、a4のナイトも捨てる手です。一応コンピュータの第一候補手ですが、この局面まで研究していたわけではもちろんなく、その場の直感で指しました。

この手の効用は3つです。

  • c4のポーンを狙う。
  • cファイルにルークとクイーンを重ねる手を可能にする。
  • 黒の...Nd3に対して、Qxd3を可能にする。

1つめに関しては、黒の...c3がない(...c3に対してQxb5があります)ことを利用しています。また、2つめに関しては黒のピースがクイーンサイドにすぐに集められないこと(e7のポーンにより左右に分断されています)を利用しています。

さらに、...Qxa4も...Qxg5も黒キングが危険であること(...Qxa4にはQxc4+のあとb3を突いて黒クイーンをディフェンスから離す手がありますし、...Qxg5にはQxc4+のあとd7のナイトやe8のルークを取る手があります)と、...Kb7はRxc4からcファイルを支配されるのが強力で、すでに黒はかなり困っています。

22...Ne5

これは...Nf3+を狙っている手ですが、

23. f4

これで受かります。黒クイーンがキングをチェックするためのb6, c5のマスを白ナイトが抑えているので、a7-g1ダイアゴナルを空けても問題ないと判断しました。

23... Bxe7 24. fxe7 Qxa4 25. fxe5

タクティカルな局面は終わりましたが、cファイルの圧力とピースアクティビティ、それに主導権を持っていることが大きく、白有利です。

25... Kb8 26. Bf4?

26... Rxe7と取られると白良しと読んだための手ですが、黒に26... Qc6!という受けを可能にしているため、悪手です。

26手目はずいぶん考えましたが、明快な手が見つかりませんでした。コンピュータ解析によれば、26. Qf4!が最も強力なようです。

26. Qxc4は26... Rc8が気になったので止めました。

26... Rxe7 27. Qxc4!

今度は...Rc8がありません。
27... Kb7 28. Qd5+ Ka6 29. Qd6+ Kb7 30. Qxe7+ 1-0

特に中盤は1手1手の意味が大きく、かなり多くの手を読んだゲームでした。