ジャパンオープン2018(3)

support_scalar
support_scalar
|
1

今回のジャパンオープンはかなり個人的には勉強になる局が多かったです。せっかくなので、5Rのゲームも自戦記を書いてみたいと思います。

1.d4 Nf6 2.c4 g6 3.Nc3 Bg7 4.e4 d6 5.f3

King's IndianのSaemisch Variationです。あらゆる世界チャンピオンが一度は指したことがあると言われるほど、様々に研究されてきたオープニングです。有名なゲームは多くありますが、白勝ちならSpassky-Bronstein(1956)、黒勝ちならBagirov-Gufeld(1973)やKarpov-Kasparov(1993)が美しいゲームです。

5... O-O 6.Be3 c5

この手か6...e5が自然なところです。ただし、この手はギャンビット含みになります。

7.dxc5 dxc5 8.Qxd8 Rxd8 9.Bxc5

ここで黒は1ポーンダウンしますが、十分な代償があると言われています。dファイルで支配的なルーク、ロングダイアゴナルに効いているビショップ、駒の展開の速さなどが代償として挙げられます。

9... Nc6 10.Nge2 Nd7 11.Be3

ここでBa3というラインもあります。それなら、のちの...Nb4はありません。

11... Nde5 12.Nf4 Nb4

ここが検討のポイントでした。白は明らかに...Nc2+を受けないといけませんが、どう受けるのが最善でしょうか。

13.Rd1?!

メインラインは13. Rc1です。d3からフォークがかかりそうなこと、a2を取られたときにルークに当たってくることから、あまりポジションが良くないと考えてRd1を選択しましたが、正確な読みが足りていませんでした。

13... Bd7

13... Nxf3! 14. gxf3 Bxc3+! 15. bxc3 Nc2+ 16. Ke2 Rxd1 17. Kxd1 Ne3+ 18. Kd2 Nxf1 19. Rxf1 -= 黒はポーンを取り返した上に、白のポーン形を崩します。そのため13. Rd1は良くありませんでした。

14.Bc5 Nc2+ 15.Kf2?!

コンピュータは15. Kd2を推奨しますが、人間には相当指しづらい手です。15. Kd2! Ba4+ 16. Nfd5 Bh6+ 17. Ke2 Bc6を正確に読み切って指すのは大変です。

15... e6 16.Rd2

これでc2のナイトを攻撃し、守るために黒がさらに手を使ったところで攻撃を続けます。

16... Rac8

小手先のテクニック。ここですぐにBd6と逃げると、ビショップがピンされるため、

17.Be7 Re8

こうしてルークをずらした後に、

18.Bd6

戻ります。場合によってはBxe5からRxd7という狙いも含みにできます。

19... Rc6 19.c5?!

不要だったかもしれません。19. Bxe5 Bxe5 20. Nfe2なら、d7のビショップとc2のナイトの両取りが残っているので本譜よりも明快です。

19... Nb4 20.Nb5

ここも20. Bb5や20. a3が明快でした。

20... Rd8 21.Nxa7 Ra6 22.Bxa6 bxa6

エクスチェンジ+2ポーンアップという戦果を挙げたので、ピース交換を開始します。

23.Bxe5 Bxe5 24.c6

24. Rfd1でもよかったようです。

24. Bxf4 25.Rxd7 Nxc6 26.Rxd8+ Nxd8

終盤の下手さが露呈するのであまり書きたくはないですが(笑)、この後も書きます。

27.Rd1 Nb7 28.b4 Bc7 29.Nc6

29. Rd7で明快でした。29... Bb6+ 30. Ke2 Bxa7 31. Rxb7で、エクスチェンジアップの終盤を丁寧に指せばいいだけです。

29... Nd6 30.a4 Kg7 31.g3 h5 32.Ke2 Nc4

次の手はひどい見落としです。

33.h4? Bxg3

キングサイドに黒がパスポーンを作れるので、面倒にしてしまったと思いました。落ち着いて時間を使い、プランを考えます。

34.Rc1 Nd6 35.e5 Nb7

コンピュータは36. Rd1を推奨します。次にRd7の狙いですね。

36.b5 axb5 37.a5 Nxa5 38.Nxa5 Bxh4

36. b5から37. a5でナイトを消すのが明快かなと思っていましたが、コンピュータは推奨しません。これでルーク対3ポーンの駒割になりましたが、たまたま白キングがキングサイドに近く、黒のbポーンが取られやすい形のため何とかなりました。

39.Kf1 Bg3 40.Nc6 h4 41.Kg2

キングは白マスを抑えに行きます。f3のポーンが割と良い働きをしており、g4のマスを抑えているのでキングはh3まで簡単に上がれます。

41... Bf4 42.Rb1 f6 43.exf6+ Kxf6 44.Rxb5

5段目を抑えられれば、白キングがg4まで上がれます。そうすれば後はルークとナイトの位置を改善してポーンを取りに行くだけです。

44... e5 45.Kh3 Bg3 46.Kg4 Bf4 47.Kxh4 Kf5 48.Ne7+ Kf6

色々な手がありますが、最も明快なのは、

49.Nd5+ Kf5 50.Nxf4

ピースを交換してしまうことです。

50... g5+ 51.Kg3 gxf4+ 52.Kf2 Ke6 53.Ke2 Kf5 54.Kd3 Kf6 55.Ke4 Kg5 56.Rxe5+ 1-0

タクティカルな局面を切り抜けられたのが印象的でした。