KIDノート3:フォーポーンズ・バリエーション:白の早仕掛け、黒のe5/c5からの仕掛け

KIDノート3:フォーポーンズ・バリエーション:白の早仕掛け、黒のe5/c5からの仕掛け

tokijiku
tokijiku
|
0

前回まで、KIDのオーソドックス/アウエルバッハ/ゼーミッシュを取り扱ってきた。

今回は、白が早々にf4と突き出して強力なセンターを得ようとするバリエーションである。

黒の基本的な方針は、白のセンターを破壊することである。


1)白からの早仕掛け

概して、白はセンターの強みを失ってしまい、微差ながら黒が指しやすくなる。

2) 6...e5という仕掛け

白は正しく受けなければ黒のタクティクスが決まり、白劣勢になってしまう。

また白が正しく受けたとしても互角の勝負となるので、黒としてはやりたい一手である。

2-1) 7.f4

白は受け方を間違った。

この手順のように、黒はeファイルをオープンにすることでRe8が相当厳しい手になる。

これは白キャスリングが遅れるフォーポーンズ・バリエーションではよく見る手である。

2-2) 7.Be3
一見、ビショップが展開出来てかつdポーンを支えているため、良さそうに見える。
しかし、これも誤った手であり、黒の厳しいRe8が待っている。
2-3) 7.d5
これも誤った手だ。手順は7.Be3の場合とほぼ同じである。
ポイントなのはd5と突いたことでa1-h8の大ダイアゴナルが開いたため、黒がQxb2の筋が見える。
そこで2段目にプレッシャーをかけるd3でも黒としては楽しみが多い。

2-4) fxe4

白が正しく受ければ互角となる。

2-5) dxe4

互角になりやすい。

黒の主張は、センターのポーンを守りきれないということになる。

黒から積極的にピースの交換をし、ダブルポーンなど愚形にしてエンドゲームに持ち込む、といったものだろうか。


3)c5からの仕掛け

基本的に黒はクイーンズサイドから反撃していく形となる。

ただし早々にQa5と出た場合は、キングズ側での攻めと連携させて戦うことと成る。

ここでは手順の紹介のみに留めているが、気が向けばまた別途記事にして取り扱う予定である。


書く量が膨大になってしまい、フィアンケット・システムについては別の機会にしたいと思う。
(あまりこの変化になることも少ない気はするし、ここまでまとめる必要もなかった気はする)