x
Chess - Play & Learn

Chess.com

FREE - In Google Play

FREE - in Win Phone Store

VIEW

naruzoの「面白い記事見つけた」

naruzo
Aug 28, 2014, 2:59 AM 0

おっす!

みんなのアイドル、オラnaruzo!

今日は、将棋世界2004年7月号から

チェスに関わる記事を見つけたので、紹介するよ。

-------------------------------------------------------------------------------

京浜急行蒲田駅から徒歩三分。

「大田区産業プラザ」の一階会議室。

2004年「百傑戦」は、最大のヤマ場を迎えていた。

6年ぶりに参加した将棋の羽生善治名人が5戦目を終えて単独2位に立ち、

いま1位の選手と直接対決を戦っているのだ。

事実上の決勝戦である。

ここまで羽生名人は3勝2分けで計4ポイント。

この二つの引き分けにはわけがある。

前日 3月27日に指されるはずの3戦目と4戦目を、名人は「女流棋士発足30周年

記念パーティー」に出席するために棄権し、規定により

引き分け扱いとなったのである。

それで優勝されちゃ、チェス界の人間として恥ずかしい。

と、羽生名人と戦っている男は当然、思っている。

4勝1分け、計4.5ポイントで首位を走るこの男こそ、

我らがモーオタ、塩見亮であった。

二人の対戦成績はここまで羽生名人の3連勝。

だが、この一局が大熱戦になっていることはチェスがわからなくてもわかる。

端にいたルークを中央に活用した名人が、駒を二度三度、盤に押しつけた。

あの「グリグリ」が、チェスでも出た!

森内竜王に次々とタイトルを奪われた羽生名人にいま、

かつてない不調説が囁かれている。

事実なら、まず考えられる理由は疲労だが、

チェスへの尋常ではない熱中ぶりにはこんな疑問の声もある。

ーもう将棋には飽きて、チェスへの転向を考えているのではないかー

げんに4月からの名人戦七番勝負と朝日オープン五番勝負をひかえた

3月最後の週末を、羽生名人はこうしてチェスの勝負に没頭しているのだ。

くうっ。

名人が顔をゆがめ、声にならない声を発する。

どうしてそこまでやるんだ?

佐藤棋聖が、森内竜王が、あきれる理由がわかる気がする。

やがてモーオタは静かに駒を倒し、投了の意思表示をした。

ついにトップに立った羽生名人は、次の7戦目も制し、

百傑戦二度目の優勝を果たしたのだった。

惜しかったな、モーオタ、と声をかけようとして息をのんだ。

あのお気楽男が床の一点を見つめ、唇を噛んでいる。

「くやしいです。将棋の力で負けたのなら仕方がない。

でも今日は、羽生さんにチェスで負けた。定石書を読むだけじゃなく、

グランドマスターの棋譜を何局も並べていなくては指せない手をやられて負けた。

僕はまだ甘いです」

そして、独り言のように呟いた。

「いったい、いつ勉強しているんだ」

かくして平成15年度の最後に、将棋界の誰も知らないところで、

羽生名人に百傑戦優勝という「棋歴」が加わった。

-----------------------------------------------------------------------------------------------!!-

このあとも記事は続くけど、今日はここまで。

気が向いたらまた書くね。

ちゃんちゃん♪

Online Now