x
Chess - Play & Learn

Chess.com

FREE - In Google Play

FREE - in Win Phone Store

VIEW

naruzo's Challenge 「函館決戦! 初陣編①」

naruzo
Dec 27, 2014, 9:40 PM 0

祝ネット回復。

 

 

序文

思えば去年の三月にチェスを覚えた。

実に駒の動かし方から、ステイルメイト、キャスリング、アンパッサン・・・。

五月に今は亡きJCNと出会い、そこで出会ったメンバーに色々と

疑問を聞いたりしていた。

時には、深夜2~3時になることもあった。

ネット上での関係性とはいえ、彼等は皆、出し惜しみすることなく

チェスにおける知識を教えてくれた。

皆、私にとっては先生である。

特にafisさんにはお世話になった。

 

そして2013年八月から、本格的にネット対戦に参戦。

武器はQGアンドCaro-Kann。

その後、Colonel8 Monarさんのアドバイスをうけ、グリュンフェルド

を覚えた。

私のチェス観が世界に広がった。

北米、南米、ユーラシア、アジア、東南アジア、EU、アフリカ・・・。

ただただチェスが面白かった。

誤解を恐れずに言えば、勝ち負けなど、どうでもいい。

ただチェスが面白くてしょうがなかった。

その気持ちは今も変わらない。

 

青森県は、囲碁将棋が盛んだ。

私自身、将棋経験者である。

そういうと、私のある程度の強さを目にする人は

「なるほどね~」と納得してもらえるが、はっきり言って

将棋のアドバンテージなどたかが知れている。

将棋のアドバンテージでポンポン勝てるほどチェスは甘くない。

将棋を知っている者ほど、チェスを知っている者ほど

将棋とチェスを比べる事に無理があると気づく。

 

そういえば、かつてafisさんにこう言う事を話した。

「来年の五月頃には函館か札幌に行ってOTBやりたいんだよね~」

afisさんは、「いいね~いいね~」「楽しみ」と言ってくれていた。

来年の五月とはつまり、今年(2014年)のことである。

しかし、色々と事情があり初OTBは見送られる事となった。

その後もフツフツとOTBをやりたいという思いは強くなった。

時にNiseko氏に「実戦では棋譜を書くの?」など聞いた。

 

OTBをやりたいと同時に、もう一つの夢があった。

それは、青森県にチェスクラブを作る事だ。

ただ理想や夢を語るだけでは、無駄に歳を喰うだけだ。

行動するのみ。

まず、私自身の位置づけの為、ネットではないレーティングが欲しい。

JCAに入会し、自分自身の日本ランキングを知りたい。

その先には、FIDEレート獲得がある。

私ももう42歳である。

この先、強くなるには限界があると思うが

自分自身で限界を決めたくはない。

行ける所まで行く。

やる気だけは若い衆には負けない。

 

これまで振り返ってみるとネット上とはいえ

多くの人にお世話になった。

 

そんな矢先。

函館チェスサークルで大会があることを知る。

日付は2014年12月27日。

正直なところ、自分のレベルがどれくらいなのか知らない。

参加しても恥をかくだけかもしれない。

しかし、そんな事より、チェスが面白くてしょうがない、

OTBをやってみたいという気持ちの方が強い。

 

今まで、私に関係した全ての仲間達のためネタ提供。

ネット番長ではいられない。

 

naruzo・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

函館の地に立つ!!

いざ決戦!

青森県チェス界歴史の扉が



開かれる!!!!

つづく。

Online Now