naruzoの独り言vol.4「将棋倶楽部24の思い出」

naruzo
naruzo
Feb 17, 2014, 12:12 AM |
0

かれこれ1年くらい将棋倶楽部24(以下、24)で対局していない。

※将棋自体指していない、この間Play okで指したけど4局だけ。

naruzoは、生粋の振り飛車党なのですが

去年の今頃は、居飛車も覚えようと、矢倉と角換りを勉強中だった。

ちょいちょい24で居飛車を指すが負ける。

連敗につぐ連敗。

なにしろ24は.comと違い、対戦が挑戦制なので格下に挑まれるとドーンとRを落とす。

レートが200位離れている相手と戦い、負けるとR30を持っていかれる(たしかそうだったハズ)。

3連敗すると約R100持っていかれる。

勝ってもR+1。

もちろんRが200以上離れている相手との対局を避ける権利は、受け手側にあるので、naruzoも拒否すればいいのだが、naruzoは拒否しない。

naruzoにとっては、Rが離れすぎている、というのは対局を拒否する正当な理由にならない。

よって対局する。

そして負ける。

R800~900台でも、定跡に精通している人がいて、感心したものだ。

さてnaruzo。

24での思い出は色々ありますが、貴重な経験といえば真っ先に思いつくのは

 

”stably”との対局。


”stably”とは、ハンドルネームなのですが、当時R2700オーバーという怪物。

ある日の深夜。

naruzoは、こんな性格なので、臆することなく対局を申し出てみた(ほとんど拒否られると思っていたが)。

そしたら、対局OK。

彼との対局は、深夜にもかかわらず、いつも観戦者は300人以上!

なにしろ24のトップタブの人なのだから当然のことなのだ。

 

結局、彼とはその後も、何局か日を改めて対戦したが一回も勝てなかった。

naruzoも、一応は将棋有段者。

今さら「どうしたらあなたの様に、強くなりますか?」

なんて聞かない。

むしろ、”一局ここ一手”というところを聞く。

その後、彼は24に来なくなった。

当然である。

実は彼の正体は

 

永瀬拓矢六段!!

 

プロである。

もちろん当時は、奨励会三段だったので、プロではなかったのですが

当時から、プロになるのは確実と思われていた人である。

今では、「千日手王」ともいわれる人だが、とにかく堅実でスキが無いという印象が強かった。

とにかく凄かった。

 

あともう一つは

これは菅井竜也五段

24でのHNは、確定していないのですが、知っている人は知っているという、こちらもプロ。

naruzoは、過去に一回対局したことがある。

そんな菅井五段。

小学生の時から、ネット将棋を1万局以上指したという、ネット将棋の申し子の彼の言葉

ある時期から勝敗にこだわりすぎないようになって、

それが良かったんだと思います。
「将棋倶楽部24はあくまで強くなる場であって、
 そこで結果を残すことがすべてではない」
と考えるようにしたんです。
一局の将棋を勝つことだけが目的だったら、
時間攻めなども有効なのでしょうが、そういうことはせず、
一局一局丁寧に指すことを心がけていました。”

さて、菅井5段。

来月3月15日には電王戦、対習甦戦があります。

おそらく勝つんだろうけど、どういう将棋をみせるか?

みんなで応援しよう♪

ちゃんちゃん♪